FXでめざせ!夢のスローライフ。
~レート変動に煩わされることのない、心を穏やかに、時間を自由に使えて、新しいことを始めたりできる ・ ・ ・ そんなトレード生活~
プロフィール

fxslowlife

Author:fxslowlife
はじめまして、fxslowlifeと申します。
自作EA稼動(マーチン、トラップ)、有料EA稼働を経て、自動売買では年利20%が限界と実感。
現在はスワップアービトラージ(業者間両建て)を駆使し、ノーリスクで年利50%以上を実現しています。

FC2カウンター

月別損益

2015年6月------
5月0円(スワップ+222000円)
4月0円(スワップ+222000円)
3月0円(スワップ+165000円)
2月0円(スワップ+59000円)
1月+3060000円
2014年12月+20000円
11月-340000円
10月+30000円
9月+69000円
8月+21000円
7月+122000円
6月+27800円
5月+4200円
4月0円
3月+8400円
2月0円
1月0円
2013年12月0円
11月+202700円ボーナス移動
10月+75000円スワップアービ
9月0円裁量
8月+72000円裁量
7月+500000円裁量
2月-405000円新トラリピEA稼働中
1月+225000円新トラリピEA稼働中
2012年12月+5250pips新トラリピEA稼働中
11月+11650pips新トラリピEA稼働中
10月+12400pips新トラリピEA稼働中
9月+13050pips新トラリピEA稼働中
8月+5000pips新トラリピEA稼働中
7月+3800pips新トラリピEA稼働中
6月+7500pips新トラリピEA稼働中
5月+3050pips新トラリピEA稼働中
4月+119.23ドルスキャル中止、新EA稼動
3月-29.82ドルポートフォリオ稼働中
2月-396.71ドルポートフォリオ稼働開始
1月-22141円トラップEA
2011年12月+39821円トラップEA
11月+48780円トラップEA
10月+54353円トラップEA
9月+9871円トラップEA
8月+167805円トラップEA
7月+77266円トラップEA
6月+77382円トラップEA
3月+54486円マーチンEA+トラップ
2月+80339円マーチンEA+トラップ
1月+63307円マーチンEA+トラップ
*1/13増資
2010年12月+31715円マーチンEA+トラップ
*12/17増資
11月+18526円マーチンEA+トラップ
*ポンド円参戦
10月+5843円マーチンEA
9月+7840円マーチンEA
8月+2489円マーチンEA

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
スワップアービとトラリピ
またブログの更新をサボっていました。
スワップアービやってると、ブログ書くことないんですよね~
トレード自体もないわけで・・・
更に、私みたいに相関関係を利用した”値動き相殺”なんてのをやると更に面白さもなくなります。

ということでノーリスクだと面白さもないし、稼ぎも小さいしということで、やはりリスクを背負わなきゃ稼げないや!となります。

ということで、5月下旬からメイン通貨が直近の高値周辺に来たときに、こりもせずにトラリピを再開したわけです。
メイン通貨は売りでスワップがプラスになりますので、逆行しても長期で見るとスワップが含み損を相殺してくれれば・・・という狙いです。
メイン通貨の売りのトラリピになりますので、スワップアービで使用しているA社が対象です。
A社は資金をそれほど入れていませんが、レバレッジ500倍で、今まで資金の有効活用ができていませんでしたのでちょうどよかったです。
今月はメイン通貨の金利が落ちて、スワップ益は3万円に届かないかもしれませんが、同じくらいのトラリピ益がありますので、資金の有効活用ができていると思います。

ただ私はトラリピで過去に苦い経験がありますので慎重に様子を伺っているといった感じです。
スワップアービでは含み益が毎日増えていきますが、トラリピだと決済はあるものの、スワップアービの含み益をトラリピの含み損が食っていきますので、勝っているのか負けているのかわかりにくいです。
高値から始めた売りトラリピですので、おそらくそんなにリスクはないと踏んでいますが、ここらへんを慎重に見極めないといけませんね。

しかし、逆行したときの含み損の増え方が小さいのは、やはり相関関係をベースにしたポジショニングがだいぶ効いているなと感じます。
そういう意味だと、相関スワップアービとトラリピは良い組み合わせなのかもしれませんね。

スポンサーサイト
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。