FXでめざせ!夢のスローライフ。
~レート変動に煩わされることのない、心を穏やかに、時間を自由に使えて、新しいことを始めたりできる ・ ・ ・ そんなトレード生活~
プロフィール

fxslowlife

Author:fxslowlife
はじめまして、fxslowlifeと申します。
自作EA稼動(マーチン、トラップ)、有料EA稼働を経て、自動売買では年利20%が限界と実感。
現在はスワップアービトラージ(業者間両建て)を駆使し、ノーリスクで年利50%以上を実現しています。

FC2カウンター

月別損益

2015年6月------
5月0円(スワップ+222000円)
4月0円(スワップ+222000円)
3月0円(スワップ+165000円)
2月0円(スワップ+59000円)
1月+3060000円
2014年12月+20000円
11月-340000円
10月+30000円
9月+69000円
8月+21000円
7月+122000円
6月+27800円
5月+4200円
4月0円
3月+8400円
2月0円
1月0円
2013年12月0円
11月+202700円ボーナス移動
10月+75000円スワップアービ
9月0円裁量
8月+72000円裁量
7月+500000円裁量
2月-405000円新トラリピEA稼働中
1月+225000円新トラリピEA稼働中
2012年12月+5250pips新トラリピEA稼働中
11月+11650pips新トラリピEA稼働中
10月+12400pips新トラリピEA稼働中
9月+13050pips新トラリピEA稼働中
8月+5000pips新トラリピEA稼働中
7月+3800pips新トラリピEA稼働中
6月+7500pips新トラリピEA稼働中
5月+3050pips新トラリピEA稼働中
4月+119.23ドルスキャル中止、新EA稼動
3月-29.82ドルポートフォリオ稼働中
2月-396.71ドルポートフォリオ稼働開始
1月-22141円トラップEA
2011年12月+39821円トラップEA
11月+48780円トラップEA
10月+54353円トラップEA
9月+9871円トラップEA
8月+167805円トラップEA
7月+77266円トラップEA
6月+77382円トラップEA
3月+54486円マーチンEA+トラップ
2月+80339円マーチンEA+トラップ
1月+63307円マーチンEA+トラップ
*1/13増資
2010年12月+31715円マーチンEA+トラップ
*12/17増資
11月+18526円マーチンEA+トラップ
*ポンド円参戦
10月+5843円マーチンEA
9月+7840円マーチンEA
8月+2489円マーチンEA

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
理想的な破産も楽じゃない。。。。理想的でない破産は簡単です。
10/30のスワップ益
A社 EURPLN 売り 3枚 本日スワップ$6.31(+0.020%) 累計スワップ$693.12(+2.205%)
A社 NZDJPY 買い 2枚 本日スワップ$7.66(+0.024%) 累計スワップ $53.98(+0.171%) 
A社 AUDJPY 買い 2枚 本日スワップ$2.96(+0.009%) 累計スワップ $2.96(+0.009%) 
B社 EURPLN 買い 3枚 本日スワップ$0       累計スワップ$0
B社 NZDJPY 売り 2枚 本日スワップ$0       累計スワップ$0
B社 AUDJPY 売り 2枚 本日スワップ$0       累計スワップ$0

本日からAUDJPYのスワップも付きます。が、スワップ少なっ!!こんなもんですか?NZDJPYにしとけば良かった。本日のスワップは$16.93でした。

さて、破産計画ですが、破産に向けてロットをもっと上げれば良さそうですが、そう単純ではありません。
強制ロスカットは証拠金維持率で決まるからです。
つまり、ロットを上げすぎると必要証拠金が上がります。
仮にストップアウトが100%だとすると、有効証拠金が必要証拠金を下回れば強制ロスカットです。
ですが、もし残金>ボーナスとなった場合、これはこの戦略の失敗を意味します。
ボーナスが、もう片方のブローカーに利益として移動していないからです。
理想は、残金0であればボーナスが完全に移動したことになりますが、現実的にはそれは難しいです。そしてそれに近づけるには「レバレッジが大きいこと」と「ストップアウトレベルが低いこと」が条件になります。

理想どおりに破産させるのもいろいろと大変なんです。

ということで 『10/23 破産しても儲かるとは・・・』 で書いている「最終的にはそうするかもしれませんが、」と書いたのはこう言うことなんです。







と、ここまで今日の記事を準備していたのですが・・・


やってしまいました~

リアル口座で稼動させていた両口座自動決済EAが誤作動をして、まさに全決済してしまいました。



デモ口座でのテスト期間が短すぎました。もう少し時間をかけてテストすればよかった。
これは明らかに自分のプログラムのミスです。
どうして誤作動したのかまだわかりませんが、口座破産判定のロジックに問題があったのでしょう。
この部分はデリケートな部分ですからもっと慎重に判定すべきでした。
悔やんでももう仕方がありません。
スワップアービを続ける以上、EAによる自動決済は必需品ですので、都度改善するしかないです。
すでに、これかなと思う点についてはプログラムの修正をしました。
こういうのを繰り返して精度を上げるしかないんでしょうけどね。


でも、考えようによっては、今日の記事の前半に書いていたとおりになったのかもしれません。
そう、最終的にはそうするかもしれないって書いたとおりになりました。
このままA社から出金し、速攻Pepperstoneに資金移動してもいいかもです。
ただその場合は、A社についてあるボーナスをみすみす手放すことになりますが。

ちょっと疲れたし、冷静でないかもしれませんので2,3日じっくり考えてから決めたいと思います。

スポンサーサイト
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。