FXでめざせ!夢のスローライフ。
~レート変動に煩わされることのない、心を穏やかに、時間を自由に使えて、新しいことを始めたりできる ・ ・ ・ そんなトレード生活~
プロフィール

fxslowlife

Author:fxslowlife
はじめまして、fxslowlifeと申します。
自作EA稼動(マーチン、トラップ)、有料EA稼働を経て、自動売買では年利20%が限界と実感。
現在はスワップアービトラージ(業者間両建て)を駆使し、ノーリスクで年利50%以上を実現しています。

FC2カウンター

月別損益

2015年6月------
5月0円(スワップ+222000円)
4月0円(スワップ+222000円)
3月0円(スワップ+165000円)
2月0円(スワップ+59000円)
1月+3060000円
2014年12月+20000円
11月-340000円
10月+30000円
9月+69000円
8月+21000円
7月+122000円
6月+27800円
5月+4200円
4月0円
3月+8400円
2月0円
1月0円
2013年12月0円
11月+202700円ボーナス移動
10月+75000円スワップアービ
9月0円裁量
8月+72000円裁量
7月+500000円裁量
2月-405000円新トラリピEA稼働中
1月+225000円新トラリピEA稼働中
2012年12月+5250pips新トラリピEA稼働中
11月+11650pips新トラリピEA稼働中
10月+12400pips新トラリピEA稼働中
9月+13050pips新トラリピEA稼働中
8月+5000pips新トラリピEA稼働中
7月+3800pips新トラリピEA稼働中
6月+7500pips新トラリピEA稼働中
5月+3050pips新トラリピEA稼働中
4月+119.23ドルスキャル中止、新EA稼動
3月-29.82ドルポートフォリオ稼働中
2月-396.71ドルポートフォリオ稼働開始
1月-22141円トラップEA
2011年12月+39821円トラップEA
11月+48780円トラップEA
10月+54353円トラップEA
9月+9871円トラップEA
8月+167805円トラップEA
7月+77266円トラップEA
6月+77382円トラップEA
3月+54486円マーチンEA+トラップ
2月+80339円マーチンEA+トラップ
1月+63307円マーチンEA+トラップ
*1/13増資
2010年12月+31715円マーチンEA+トラップ
*12/17増資
11月+18526円マーチンEA+トラップ
*ポンド円参戦
10月+5843円マーチンEA
9月+7840円マーチンEA
8月+2489円マーチンEA

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
トラリピには高金利通貨ペアが有効 ~スワップ派のためのトラリピ~
A社のメイン通貨ペアのスワップが少し戻りました。
私は相関ペアを使ったスワップアービですので、メイン通貨ペアのスワップが毎日のスワップ益とはなりませんが、それでもうれしいです。
スワップアービを開始したときから1100円→970円→570円と減っていきましたが、今週850円まで戻りました。
スワップ派はブローカーのスワップポイント次第だと言うことを思い知らされますね。


さて、この2日間はトラップがよく機能しました。トラップだけで+12000円でした。
やはりスワップ益に比べるとトラリピ益は大きいですね~
1日のスワップ850円の14倍を2日間で稼ぐんですものね。
そしてこのトラリピを見ていて新たな気づきがありました。
「トラリピをやるには高金利通貨ペアがいい」ということです。


おととしは、レンジを形成しやすい通貨ペアでやっていました。
確かにそれが王道であると思います。


しかし今回の高金利通貨ペアでトラリピをやってみて、考えが変わりました。
高金利通貨ペアはトラリピに適しています。
理由は3つ。

1、決済時にスワップ益も発生する。
当たり前ですが、実際やってみてトラリピ益を上回るスワップ益がついている事が多かったです。
20140718.png


2、上記のことを利用して、ペイポイントを引き上げられる。
上図のトラップはすべて売りでした。スワップが1494円の取引を見てください。トラリピ益もスワップ益ももらえて良さそうですが、トラリピは決済だけ見てはいけませんよね。含み損益がマイナスでは気が気ではありません。
そこでこのポジをスワップ1494円、損益-1494円のあたりで決済し、新たに同値で売りを持ちます。
こうすることでそのポジのペイポイントを引き上げることができます。(買いの場合はその逆で、引き下げることができます。)
何故こんなことをするかというと、トラリピの経験者ならすぐにわかると思いますが、それはやはり含み損をできるだけ減らしてストレスを無くしたいからです。


3、そして最後の理由が一番大きいと思っていますが、それは税金対策です。
確定申告で思い知ったのですが、課税対象は決済した分だけだということです。
つまり、スワップ1494円、損益-1494円のトータル0円で決済し、すぐに再度ポジを取れば、ペイポイントを口座にとって有利な方向に移動できる上に、課税対象にはならないということです。
これを続けていけば、決済としての収入はあまりないけど、含み損が減り、ストレスも減り、口座残高が増えていくという夢のようなことができるはずです。


これを思いついたのは、スワップ派は納税する必要なし?の記事を書いてから、本当に納税の先送りなのかをずっと考えていたからです。
この方法ならば、理論上は本当に納税しなくて済むのかもしれません。でも実際は全決済する日はいつかはくるんでしょうけど(^^;)


私は数ポジを実際にゼロ決済させて、ペイポイントの引き上げを実行しています。



(7/19追記)
この記事だけではわからないかもしれませんね。
私がやっているのはスワップアービ+トラリピで、今回はこのトラリピ部分の話で、トラリピも通常だと決済したら終わりですが、私のトラリピは決済用のポジションと長期保有用のポジションがあります。
で、長期保有用のポジのペイポイント引き上げに関する優位性を書いたものでした。説明不足ですみませんでした。m(_ _)m

スポンサーサイト
TOP
3/7 +2864円
3/7の取引
ドル円 決済 13件 +2387円

3月累計
+18397円

さすが月曜日。動かないですね。
その中これだけ取れれば良しとしましょう。

今日は私の好きな映画の話でもしましょう。

「ラスベガスをぶっつぶせ!」

大学生数名がチームでラスベガスに挑み大儲けするという内容なのですが、実話に基づいて作られた映画です。
そして大学生たちが賭けていたゲームが「ブラックジャック」でした。

・ブラックジャック
みんな知ってる有名なゲームですよね。
2~9のカードの得点はその数字。
10~Kのカードの得点は10点。
Aのカードの得点は1点か11点を選べる。
親、子ともに21得点がMAXで、手持ちのカードの得点が21に近づくまでカードを何枚でも引ける。
親は17得点未満だとカードを引かなければならない。子はその限りではない。
そして21点に近いほうが勝ちというゲーム。

皆さんはどんな戦略を思い描きますか?
そう、戦略です。
KKD(感や経験や度胸)で勝てるほど勝負は甘くありません。

FXでも同じです。どんな戦略で勝負していますか?
テクニカルチャートですか?
経済アナリストによる経済指標の予測ですか?
どれもKKDです。

話を戻します。
この大学生たちが使ったのは「カウンティング」という手法です。
私の記憶が間違っていたらごめんなさい。
ディーラーがブラックジャックで使うカードは2組の108枚です。(あいまい)
とにかく全体の枚数が決まっているのです。
ゲームに使ったカードはカードの山の一番後ろに回されます。
学生たちがやったカウンティングは、ゲーム中に表になったカードを一定のルールでカウントしていきます。
そして今からディーラーが配ろうとしているカードの山には、高得点のカードが多いのか少ないのかを常に予測します。
そしてカウントがある数値を超えるまではパスしたりして大人しくしており、数値を超えたとき強気の勝負に出ます。勝負の条件は、カウントがある数値以上、親の1枚目のカードが小さな数字、自分の1枚目のカードが10点の時です。

どうです?何故これが必勝法なのかわかりますか?
このゲームのどこに弱点があったのでしょう。

実はこの手法は
「親は17点を超えるまではカードを引き続けなければならない」
「カードは使いまわし」
というルールを逆手にとっているのです。
高得点のカードがカードの山に沢山眠っている事をカウントし、親が21オーバーになりやすい時を狙っているのです。
同時に自分が20点、21点になりやすい時を狙っています。

これが戦略です。
戦略とは具体的な行動がなければなりません。すなわち数値化です。確率です。

FXでも同じだと思っています。
テクニカルチャート?
それは信用できるのですか?数値が90%だから今から下がるのですか?チャートの計算式や弱点を知っていますか?
ましてや経済アナリストは何を根拠に予測しているかわかりますか?
間違っているとは言いませんが、これらは戦略ではありません。
戦略とは、これらの情報を元に、相場の弱点を探して利用する行為だと思います。


高得点のカードがカードの山に沢山眠っている事をカウントし、親が21オーバーになりやすい時を狙う
同時に自分が20点、21点になりやすい時を狙う
これが戦略です。
TOP
3/1 +3498円
3/1の取引
ドル円 決済 35件 +2487円
ポン円 決済 2件 +1011円

3月累計
+3498円

3月が始まりました。初日からまずまずの稼ぎです。

今日も昨日の記事、複数EAの話の続きです。

複数EAを稼動させる事でリスクを軽減できると書きましたが、効果はそれ以外にもあります。
マーチンの弱点のカバーです。
当たり前ですが、マーチンEAはナンピン中は決済されません。
つまりナンピン時、EAは次のナンピンのサインまでは何もしないのです。
ナンピンの保有時間は長ければ数日にわたる事もあります。その間決済なしです。これがマーチンEAの弱点です。
ナンピン中、いつも感じていました。
この逆行している動きを利用して稼げないものか?
これが複数EAにした理由です。

私のマーチンEAでは買いラインと売りラインの2本立てになっています。
必ずしもではありませんが、片方がナンピン中で決済がなくても、もう片方のラインが決済されます。
これが資金が2倍になったからと言ってロット数を2倍にしない理由です。
私の考えではロット数を2倍にするよりも収益がよく、且つリスクも減ると信じています。

よく、リスク管理のことを「資産の○%まで」とか書いてあるのを見ますが、それはリスクの管理ではなくただのルールです。リスクをマネージメントしていません。
リスクのマネージメントとは、収益を伸ばしつつも、工夫により損失を軽減する事です。by armlip

何やらえらそうな事を書いてしまいましたね。私が破産したら笑ってください。
TOP
2/28 +3731円
2/28の取引
ドル円 決済 11件 +2226円
ポン円 決済 3件 +1505円

2月累計
+80339円

なんとか月目標の80000円クリアです。
累計も20万円を超えました。

昨日の記事の補足をします。
昨日の記事で、リスク管理>売買サインの精度を上げること のように書いてしまったのですこし訂正いたします。

そもそも私がマーチンの手法を採用しているのは、自作スキャルピングEAが使い物にならかなったからです。
リミットとストップの値幅を同じにして注文し、勝ち負けの勝率勝負。勝率が50%を超えれば使い物になるということですね。
しかし、代表的なテクニカルチャートを使っての売買サインだと不思議な事に必ずと言ってもいいほど50%を割ってしまいます。私もかなり悩みました。裁量でチャートを見ながらのスキャルピングだと勝率は高いのに、なぜEAだと勝率が低いのか?
そして結論はこうです。人間が感知する情報を完全にプログラミングする事はできない。
つまり、人はチャートの情報だけでトレードしていないということです。経験であったり、何か嫌な予感がすると言ったようなものですね。

ではどうしようか?本業もあるし、裁量にとれる時間もせいぜい2時間程度。月の目標もあるし少ない時間の中で裁量をすると焦りもあり間違ったタイミングで入れてしまい、結果負け。

そんなときにマーチンの考え方を知りました。マーチンだと勝率うんぬんとか関係ありません。資金の問題さえなければ必ず勝ちます。トレンド、売買サイン、勝率・・・とは根本的に話の次元が異なります。
ただし現実的には資金の問題があるのでコツコツドカンの宿命にある手法です。

しかし必ず勝つというのには魅力を感じました。
2010年8月に開始したときは1つのマーチンEAを稼動させていました。このままだといつかドカンと来るがそのときは手動でプラス決済してやろうと心に決めて・・・
その後しばらくして友人も同じEAでトレードを始めました。そして同じEAなのに私と友人とで売買サインが異なり、収益も異なるといった事が起きました。片方はナンピン中なのに片方は普通にプラス決済。
そのときにタイミングの異なるEAを稼動させれば収益はそのままで、リスクを減らす事ができる事に気が付きました。
今まではプログラムの中でリスク管理をしようとして難題に頭を悩ませていましたが、実はプログラムから外に出す事でリスク管理がしやすかったのです。

ということで現在に至っていますが、そもそも使い物になるスキャルピングEAが作れるのであれば、こんなことをせずとも私も複利運用をやっているはずです。

だから誰か勝てるスキャルピングEAのロジックを教えてください

TOP
2/25 +7454円
2/25の取引
ドル円 決済 15件 +7454円

2月累計
+76608円

ドルもポンドも下降ですが、ドルに関しては朝9時ごろの戻しにぎりぎり間に合いナンピンが決済されました。
私のEAではよくこういうことがあります。わずかな戻しでプラス決済させる。秘密はマーチンのロット数にあります。ロット数については過去記事にも何度か書いてますのでこの辺で終わります。

今日は、昨日の記事にも書いてたマーチン時の含み損について触れます。
トレードを開始したころに比べて、現在は資金に対しての含み損率を下げる事に成功しています。

必勝法ネタです。

含み損を下げる(リスク管理)にはいろいろなアイデアがありますが、その中の1つ、EAの分散です。

例えば、10万円資金の1000通貨取引が順調に進み、資金が20万円になったとします。
よくあるのは、20万円資金になったのでロット数を2倍の2000通貨取引にするやり方です。
また、「確実に10pips取れます。たかが10pips。されど10pips。もし資金が10倍になったら・・・ふふふ」なんてことを書いている方がいますが、これも同じ発想です。
しかしこの方法はよくありません。リスク率がまったく変わっていません。そのうち大きくやられます。

私ならこうします。

同じくらい収益が期待できる別の手法を用意し、それぞれ1000通貨の取引をします。
収益率が同じくらいなので、資金に合った収益を確保しつつ、それでいてリスクは半減されます。

私の理想は、ロジック(アプローチ)の異なるEAを10個ほど用意して、リスクを1/10にできたらと考えています。
実際には順当か逆行かの2択なわけで、1/10まではいかないでしょうけど・・・

どうです?
売買サインのタイミングをどうやったら精度を上げられるかを気にされる方が多いですが、そんなことを考えるよりもリスク管理に気を配るべきだと思いませんか?


話は変わりますが、最近コメントをいただいてました どん・かめ五郎さん のブログに私のブログのことが紹介されていました。どん・かめ五郎さん、ご紹介ありがとうございます。
みなさん、一度 どん・かめ五郎さんのブログ「資金管理で儲けよう!」を見てみてください。私と同じようにリスク管理のことを書かれています。

TOP
2/24 +2178円
2/24の取引
ドル円 決済 12件 +2178円

2月累計
+69154円

何ですかね~このレートの動きは。
ひたすら下降ですね。ポンドもドルも。
こういう動きに対してはマーチンは正常に機能しません。
参りましたね。
でも複数EAにしてますので含み損は、昔に比べ20%程に軽減しています。
やっててよかった~
一応自分のリスク管理が機能している事が証明されました。
コツコツドカンなんて絶対ならないぞ!

TOP
2/21 決済なし
2/21の取引
決済なし

2月累計
+56313円

でた~月曜日!動かね~
複数EAを稼動してから初めてじゃないかな・・・決済なしってのは。
でもしょうがないですね~これだけ動かないんじゃ
明日に期待しましょう。

必勝法の続きでも書きますか。

・トラップトレード
私がポンド円で使用している手法です。今流行ってますよね~
トレンドというのは上昇下降を繰り返すものです。それを利用して、逆行したからといって短い期間での損切りをせずにトレンドが戻ってくるのを待つという考え方です。
例えば、ドル円を83.0(リミット83.5)で買いを入れました。レートは逆行して82.5になりました。ここで損切りをせずにさらに追加で買いを入れました(リミット83.0)。そして82.0になりました。それでも損切りせずに追加で買いを入れました(リミット82.5)。レートは81.6まで下がりましたが、そこから上昇してきました。レートは83.5まで戻り、3つのポジションはそれぞれ50pipsずつ取りました。

どうです?ナンピンそのものでしょ。
しかし、よくある裁量トレードで負けるナンピンのやり方と違うのは、
①逆行したからといって慌ててナンピンするのではなく、ここまで下がったら機械的にナンピンするというマイナスを計画しているということ。
②それと、少し収益が出たからといって慌てて決済するのではなく、きちんとリミットまで待つというプラスを計画しているということ。
③トラップトレードはEAのようなプログラムを使わなくても、標準で装備されている指値注文で実現が可能である点も特徴です。

【メリット】
・機械的な注文になるので、レートの上げ下げでのストレスがなくなる。これが一番大きい。
・勝手にリミットで決済されていくので画面に張り付く必要がない。これも大きい。

【デメリット】
・含み損が膨れる宿命にあるトレード方法なので、資金管理をしっかりしないとロスカットされるリスクがある。
・私が感じた点では、含み損を抱えてしまうので一度始めたら止めづらい・・・かな。

詳しく知りたい人はマネースクエアジャパンのHPを見てください。
マネースクエアジャパンがトラップリピートイフダンという注文方法を売りにしています。

TOP
2/11 +3160円
2/11の取引
ドル円 決済 7件 +1886円
ポン円 決済 2件 +1274円

2月累計
+39382円

すごい上昇ですね~
通常だと、マーチンEAとしてはナンピンでの含み損が心配なところです。

しかし今回は全然心配してません。

しかもナンピン中にもかかわらず収益も出してます。

これです。
これがやりたかったことです。
資金なりの収益を上げ、にもかかわらず、リスクを減らす。
相反するようですが、実は実現が可能なんです。
これについては別の機会に。


TOP
2/7 +1448円
2/7の取引
ドル円 決済 1件 +844円
ポン円 決済 1件 +604円

2月累計
+27603円

さすが月曜日ですね。動かね~~
その中ポンドが上昇傾向です。
わずか1件ですが、12/13に買い注文をしたものが2ヶ月ぶりくらいにレートを戻し、決済されました。
一時期125円台まで下降しましたがレートは戻ってきました。約7円の戻しです。
そうです。
そうです。
そーなんです。
レートは戻ってくるものなんです。
損切りも大事なのでしょうが、何でもかんでも損切りすればという考えは疑問に思います。
皆さんは資金に応じたロット数で取引をしていますか?

TOP
2/4 +17607円
2/4の取引
ドル円 決済 36件 +17077円
ポン円 決済 1件 +530円

2月累計
+22852円

ナンピンは結局4つ目は刺さらず、0:00の上昇で無事に決済されました。
0:00に一体何があったのでしょうかね?
何の発表?
EAでの自動売買だと経済指標の発表も気にならなくなりました。
せいぜい決済された後に知って、「あぁ、そんなのがあったんだ」てな感じです。

でも本当は気にしないといけないですけどね。
EAはどんな局面でも通用するわけではないので。
ある程度の動きについては追従できるように作り込んでありますが、想定外の動きに対しては本当にコツコツドカンになりかねません。だからEAで運用していても、いざと言うときは手動での決済ができる腕を磨いていなければいけません。

マーチンはご法度とされている手法ですが、私がマーチンを使うのはそういうリスクを知っていて、且つ、いざと言うときは手動で乗り切ると決めているからです。
EAは自動で稼いでくれるから、自分の分身・右腕みたいに考えがちですが、そうじゃないです。
EAなんて自分の垢みたいなもんです。

とにかく、ナンピン決済後も私の3つの垢がこつこつ稼いでくれて大きな収益になりました。
先月も月初に大きく勝てました。あの時もナンピン決済でしたね。
月初は要注意ですね。

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。