FXでめざせ!夢のスローライフ。
~レート変動に煩わされることのない、心を穏やかに、時間を自由に使えて、新しいことを始めたりできる ・ ・ ・ そんなトレード生活~
プロフィール

fxslowlife

Author:fxslowlife
はじめまして、fxslowlifeと申します。
自作EA稼動(マーチン、トラップ)、有料EA稼働を経て、自動売買では年利20%が限界と実感。
現在はスワップアービトラージ(業者間両建て)を駆使し、ノーリスクで年利50%以上を実現しています。

FC2カウンター

月別損益

2015年6月------
5月0円(スワップ+222000円)
4月0円(スワップ+222000円)
3月0円(スワップ+165000円)
2月0円(スワップ+59000円)
1月+3060000円
2014年12月+20000円
11月-340000円
10月+30000円
9月+69000円
8月+21000円
7月+122000円
6月+27800円
5月+4200円
4月0円
3月+8400円
2月0円
1月0円
2013年12月0円
11月+202700円ボーナス移動
10月+75000円スワップアービ
9月0円裁量
8月+72000円裁量
7月+500000円裁量
2月-405000円新トラリピEA稼働中
1月+225000円新トラリピEA稼働中
2012年12月+5250pips新トラリピEA稼働中
11月+11650pips新トラリピEA稼働中
10月+12400pips新トラリピEA稼働中
9月+13050pips新トラリピEA稼働中
8月+5000pips新トラリピEA稼働中
7月+3800pips新トラリピEA稼働中
6月+7500pips新トラリピEA稼働中
5月+3050pips新トラリピEA稼働中
4月+119.23ドルスキャル中止、新EA稼動
3月-29.82ドルポートフォリオ稼働中
2月-396.71ドルポートフォリオ稼働開始
1月-22141円トラップEA
2011年12月+39821円トラップEA
11月+48780円トラップEA
10月+54353円トラップEA
9月+9871円トラップEA
8月+167805円トラップEA
7月+77266円トラップEA
6月+77382円トラップEA
3月+54486円マーチンEA+トラップ
2月+80339円マーチンEA+トラップ
1月+63307円マーチンEA+トラップ
*1/13増資
2010年12月+31715円マーチンEA+トラップ
*12/17増資
11月+18526円マーチンEA+トラップ
*ポンド円参戦
10月+5843円マーチンEA
9月+7840円マーチンEA
8月+2489円マーチンEA

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ボーナス出金作戦の恩恵がこんなとこにも・・・
また随分ブログ更新してませんでした。
この間、何をやっていたかというと、相変わらずのブローカー選定と口座開設、入金、もろもろです。
もう少しでスタートできそうなところまで来ているんですが、ブローカー側が私がスワップアービだと気づくと、その通貨ペアを取引させてくれないという・・・まぁ、たまったもんじゃありません。
なかなか条件に合うブローカーに会えませんが、これが続くとスワップアービ自体やらなくなるかもしれませんね。

それはさておき、今日は確定申告会場に行ってきました。
でもそれは、確定申告しなくてもいいという確認のためでした。

というのも、確定申告の準備で2013年の損益計算書を出力していて、ブローカー全部を集計すると20万円なかったんです。
あれ、俺の感覚では59万くらいあったはず・・・

そこで計算書をよく見てみると、結論はボーナス移動作戦で破産したボーナス分のマイナス決済が加算されてこうなっていました。ブローカーから貰ったお金でしたので自分の感覚的にはマイナスだとは思っていませんでしたが、口座の損益的には当たり前ですがマイナス決済です。
そして確定申告的にはそのお金がどこから口座に振り込まれたのかなんて関係ないことですし、口座の決済分しかチェックしませんので、私の懐的には+59万円でしたが、損益計算書的には+18万円となったわけです。(40万くらいボーナス移動させたっけかな~~(^^;))
そしてその結果、確定申告する必要なし=税金を払わなくてよい、となりました。

これって何かすごくないですか?

何か裏技を見つけたような感覚です。
じゃあ、今年は嫁にもFXを始めてもらい、ボーナス移動作戦をして、+60万円収支でも税金なしにしてみようかな。
俺も同じことをして、二人で+120万円稼いでも税金なしってこともできるじゃないか。
そう思われませんか?(^^)

スポンサーサイト
TOP
ついに破産しました\(^^)/。ノーリスクで20万円ゲットです。
ついに計画通りにB社が破産しました\(^^)/
(本当はA社破産のほうが良かったんですけどね)

A社は32万円ボーナスがついてましたが、あのスワップが下がった時点(スプレッド分の取り返し中)で資金を出金していれば、このボーナスがまるまる消えてしまったはずです。そういう契約でしたから。
B社も31万円ボーナスがついていましたが、こちらも出金した時点でボーナスが消えます。
この合計63万円のボーナスを少しでも出金できないかと考えたのが、ボーナス移動作戦でした。

B社は破産して残金が107300円になりましたので、ボーナス31万円から202700円がA社に利益として移動しました。
今、A社から出金手続きを取れば32万円は消えますが、移動した202700円は出金できるお金に変わりました。
B社は出金手続きを取れば、残金の107300円はボーナス31万円を下回っていますので、ボーナスの補填義務なしの契約どおりになり、口座残高が0円になるでしょう。
つまり、ノーリスクで202700円がもらえました。

あのとき、ブローカーを変更したい一心で出金手続きを取っていれば、スプレッドのマイナスのまま、ボーナスも消えて、トータルでマイナス8万円でした。
しかし、出金を待って、わざと破産させる作戦を取ったことで、それまでに獲得したスワップ7万円+ボーナス移動分20万円で、トータルプラス27万円となりました。
その差、35万円です。

これが、私がスワップアービを開始しようと決めたときに、練ったリスクヘッジでした。

このあと、スワップの高いブローカーでスワップアービを再開しようと思いますが、このダブルのリスクヘッジは条件さえ合えば続けていきたいと思います。

TOP
「破産しても儲かる」私の場合
動かんのぉ~~~~
今は破産を目的にしているのでどっちでもいいから動いてくれないと話になりません。
先週末は良い感じでGBPUSDが急上昇し、もう少しで破産ってところだったのですが、逆行しました。

よくトラリピで、どっちでもいいから動いてくれ~って書いてありますが、本当にどっちでもいいわけではありません。やっぱり含み損が増えるのは嫌なはず。
でもこの破産戦略に関しては本当にどっちでもいいんです。あ、うそでした。どっちでもいいのは本当なんですが、どっちかと言うとストップアウトレベルの小さいブローカーが破産してもらうのがありがたいです。

例えば・・・
私が使っているブローカーのストップアウトレベルは、A社は20%で、B社が50%です。
計画通りに進めば、
A社が破産した場合、残金は46000円になり、ボーナス32万円から274000円がB社に利益として移動したことになり、
B社が破産した場合、残金は114000円になり、ボーナス31万円から196000円がA社に利益として移動したことになります。
しかし、どちらが破産しても、現在のスプレッドマイナス分の15万円を取り返してくれます。
これが本当にどっちでもいいから動いてくれ~~~ってことですよね。

TOP
ボーナス移動作戦。超~~~暇です。
ボーナス移動作戦をやってますが、まぁ暇でしょうがありません。
GBPUSDを60万通貨保有していますが、スワップも一日で90円くらいしか付かないし、じっとだまって破産を待つなんて・・・つまらないです。
こんなにつまらないと、またトラップを仕掛けたくなります。

トラップか・・・去年の今頃はウハウハでしたね。
毎日の決済や含み益生活。
今でも思い出して、やりたい衝動に駆られます。
今やれば前回の欠点を考慮して、結構稼げるとは思います。

稼げるとは思いますが、レンジブレイクしたときの最悪さを知っているので、その衝動にストップをかけます。
それまでの含み益も、まるで淡い夢のように消えていきました。そして消えるだけではなくマイナスに・・・

含み益なんて決済してなんぼです。
決済できない含み益なんてうらやましくも何ともありません。

そして安定を求めてスワップアービにたどり着きました。
ボーナスなんか諦めて、早く再開したいなぁ~でももうちょっと様子見です。

TOP
ボーナス移動作戦もなかなか簡単ではない訳
苦労している両口座自動決済EAですが、これかなと思って修正して再度トライしてもやはり訳のわからないところで強制決済されます。ログを取ってみても何でこんなところで???と訳がわかりません。
それでしばらく目視してみたのですが、ティックが動くのに口座情報を取得できないことが多々ありました。
これはおそらくプログラミングの問題ではなさそうです。
サーバの問題か、通信の問題か、おそらくそんなところでしょう。
プログラマとしては原因解明したいところですが、それには時間がかかりそうですので、ここは基本に帰り、ストップアウトレベル、レバレッジ、ロット数からTPとSLを算出することにします。

現在は、破産が目的ですので、スプレッドの小さいそしてとりあえずスワップもプラスのGBPUSDを保有しました。TPとSLもきっちり入れてね。最初からそうすれば良かったです。プログラムで何とかしてやろうと考えるのがプログラマの悪いところです。技に溺れた結果が余計な負債を抱えてしまいました。
今回のことはしっかり受け止めなければなりません。決して小さな事ではないです。私はプログラマではなく投資家なのですから。



さて、それにしてもやっぱり破産はそう簡単ではないです。
例えば今、残高80万円の口座があったとします。その中にはボーナスが25万円ついてます。今、34万通貨の注文を入れました。レバレッジが200倍の場合、必要証拠金が27万円でした。ストップアウトレベルは50%です。

ということは、残金が必要証拠金の50%切れば破産ですね。
つまり、残金が80万→13.5万円ということですが、その場合、25万円ボーナスを移動させたいのですが、結果的に13.5万円は残ってしまいます。
そのため残りのボーナスを移動させるために再度ポジションを持つ羽目になります。早く破産させたくて、ロット数を上げると必要証拠金が上がり、残金が多くなってしまうので、ロット数もあまり上げたくないところです。
こうやって2,3回繰り返してボーナスを抜くのですが、時間的には2,3ヶ月かかるかもしれません。

そう考えるとボーナス移動作戦は必勝法ですが、あまり効率は良くないかもしれません。

あ~~~ボーナス諦めたくなってきた。でももう少し様子を見ようっと!

TOP
理想的な破産も楽じゃない。。。。理想的でない破産は簡単です。
10/30のスワップ益
A社 EURPLN 売り 3枚 本日スワップ$6.31(+0.020%) 累計スワップ$693.12(+2.205%)
A社 NZDJPY 買い 2枚 本日スワップ$7.66(+0.024%) 累計スワップ $53.98(+0.171%) 
A社 AUDJPY 買い 2枚 本日スワップ$2.96(+0.009%) 累計スワップ $2.96(+0.009%) 
B社 EURPLN 買い 3枚 本日スワップ$0       累計スワップ$0
B社 NZDJPY 売り 2枚 本日スワップ$0       累計スワップ$0
B社 AUDJPY 売り 2枚 本日スワップ$0       累計スワップ$0

本日からAUDJPYのスワップも付きます。が、スワップ少なっ!!こんなもんですか?NZDJPYにしとけば良かった。本日のスワップは$16.93でした。

さて、破産計画ですが、破産に向けてロットをもっと上げれば良さそうですが、そう単純ではありません。
強制ロスカットは証拠金維持率で決まるからです。
つまり、ロットを上げすぎると必要証拠金が上がります。
仮にストップアウトが100%だとすると、有効証拠金が必要証拠金を下回れば強制ロスカットです。
ですが、もし残金>ボーナスとなった場合、これはこの戦略の失敗を意味します。
ボーナスが、もう片方のブローカーに利益として移動していないからです。
理想は、残金0であればボーナスが完全に移動したことになりますが、現実的にはそれは難しいです。そしてそれに近づけるには「レバレッジが大きいこと」と「ストップアウトレベルが低いこと」が条件になります。

理想どおりに破産させるのもいろいろと大変なんです。

ということで 『10/23 破産しても儲かるとは・・・』 で書いている「最終的にはそうするかもしれませんが、」と書いたのはこう言うことなんです。







と、ここまで今日の記事を準備していたのですが・・・


やってしまいました~

リアル口座で稼動させていた両口座自動決済EAが誤作動をして、まさに全決済してしまいました。



デモ口座でのテスト期間が短すぎました。もう少し時間をかけてテストすればよかった。
これは明らかに自分のプログラムのミスです。
どうして誤作動したのかまだわかりませんが、口座破産判定のロジックに問題があったのでしょう。
この部分はデリケートな部分ですからもっと慎重に判定すべきでした。
悔やんでももう仕方がありません。
スワップアービを続ける以上、EAによる自動決済は必需品ですので、都度改善するしかないです。
すでに、これかなと思う点についてはプログラムの修正をしました。
こういうのを繰り返して精度を上げるしかないんでしょうけどね。


でも、考えようによっては、今日の記事の前半に書いていたとおりになったのかもしれません。
そう、最終的にはそうするかもしれないって書いたとおりになりました。
このままA社から出金し、速攻Pepperstoneに資金移動してもいいかもです。
ただその場合は、A社についてあるボーナスをみすみす手放すことになりますが。

ちょっと疲れたし、冷静でないかもしれませんので2,3日じっくり考えてから決めたいと思います。

TOP
業者間自動決済EA、リアル口座で稼動開始!口座破産に向けて追加注文。
10/29のスワップ益
A社 EURPLN 売り 3枚 本日スワップ$6.34(+0.020%) 累計スワップ$686.81(+2.185%) 
A社 NZDJPY 買い 2枚 本日スワップ$7.69(+0.024%) 累計スワップ $46.32(+0.147%) 
B社 EURPLN 買い 3枚 本日スワップ$0       累計スワップ$0
B社 NZDJPY 売り 2枚 本日スワップ$0       累計スワップ$0

火曜の朝に付いていたスワップ益です。$14です。

昨日の続きです。
業者間自動決済EAですが、デモ口座での動作テストはとりあえず終了しました。テストのお陰でいくつかバグを修正できました。これでリアル口座で稼動させても大丈夫だと思います。
ということで、破産に向けて、今日更に追加注文を入れました。自動決済EAも稼動開始です。
今度はAUDJPYです。
この通貨ペアを選択したのはあまり意味はありません。たまたまどなかたかのブログでAUDJPYが将来下落するだろうと書いてあったから。それだけです。
私的にはA社でAUDJPYの買いを持てば、破産に近づくし、スワップも付くしで良さそうだったからです。

さぁ、かなりの高レバになってきました。
EURPLNのときでさえギリギリだったと思いますが、そのときの倍のロット数になりました。
少しどちらかに動けば、A社かB社が破産しやすくなってきました~~
ドキドキしますね~。
ちゃんと業者間自動決済EAが動いてくれるのかな~

TOP
10/26 両口座自動決済EA デモ口座でテスト稼働中
10/26のスワップ益
A社 EURPLN 売り 3枚 本日スワップ$6.34(+0.020%) 累計スワップ$680.47(+2.165%) 
A社 NZDJPY 買い 2枚 本日スワップ$7.73(+0.024%) 累計スワップ $38.63(+0.122%) 
B社 EURPLN 買い 3枚 本日スワップ$0       累計スワップ$0
B社 NZDJPY 売り 2枚 本日スワップ$0       累計スワップ$0

土曜のスワップ報告を忘れてました。土曜もスワップは$14でした。

先週記事にしていたスワップアービの両口座自動決済EAですが、現在デモ環境でテスト稼動させています。
案の定バグを見つけて、テスト稼動は必要だなと感じました。
いきなりリアルでやっていたらボーナス奪取ができずに決済するところでした。
あ~あぶないあぶない!
原因はすぐ突き止められて、すぐにプログラムの修正をしましたが、もう少しテスト稼動させてみます。まだまだ何か出てきそうですし。リアル稼動はそれからですね。
あと、前回の記事ではファイル同期プログラムが1秒毎に動くとしていましたが、プログラムではそう書いてますが実際はもう少しかかりました。ま、これもしかたないですかね。
では。

TOP
10/25 業者間の口座監視プログラム完成!
10/25のスワップ益
A社 EURPLN 売り 3枚 本日スワップ$6.35(+0.020%) 累計スワップ$674.13(+2.145%) 
A社 NZDJPY 買い 2枚 本日スワップ$7.74(+0.024%) 累計スワップ $30.90(+0.098%) 
B社 EURPLN 買い 3枚 本日スワップ$0       累計スワップ$0
B社 NZDJPY 売り 2枚 本日スワップ$0       累計スワップ$0

今日もスワップは$14です。
破産に向かわせるのでもっと強気で追加オーダーを入れても良かったのですが、自動決済のEAがまだでしたので、そこは少し弱腰でした。

しかし、今日、時間を見てなんとかその自動決済EAを完成させましたので、良いタイミングがあれば追加オーダーを入れてもいいかなと思ってます。

今日は、その両口座監視EAの話。
昨日も書きましたが、EAの自動決済はそのEAが格納されているMT4内で動くことになります。また、ファイルの参照、出力等もそのインストールフォルダ内に制限されています。
ですので、片方のMT4からもう片方のMT4のポジションの取得や口座状況は取得できません。よって業者間での制御ができないのです。

そこでMT4以外のプログラムで常駐プログラムを作成し、各インストールフォルダ間のファイルの同期をとるようにします。
つまり、A社のインストールフォルダ内にB社のレートや口座情報の書いたファイルを持ち、B社のインストールフォルダ内にA社のレートや口座情報を書いたファイルを持ちます。
そしてこれらのファイルが常に同期を取るようにします。(例えば片方のファイルが更新されると、もう片方のフォルダにファイルのコピーをする等。)
すると理論上はA社のMT4からB社の口座情報を知ることができ、B社のMT4からA社の口座情報を知ることができるようになります。

私はこの常駐プログラムをループさせ、1秒おきに動くように設定しました。
一応これで別口座の情報を取得するプログラムが完成し、そのタイムラグは1秒となりました。
人の目視そして全決済の手作業は、どんなにすばやくやったとしても10~30秒くらいはかかると思いますので、ライムラグ1秒で十分だと思います。

よし!これで安眠できます。プログラム達よ、俺の代わりに働いて頂戴ね。

TOP
10/24 スワップアービは資金の監視が重要。そこで・・・
10/24のスワップ益
A社 EURPLN 売り 3枚 本日スワップ$19.30(+0.061%) 累計スワップ$667.78(+2.125%) 
A社 NZDJPY 買い 2枚 本日スワップ$23.16(+0.020%) 累計スワップ $23.16(+0.073%) 
B社 EURPLN 買い 3枚 本日スワップ$0        累計スワップ$0
B社 NZDJPY 売り 2枚 本日スワップ$0        累計スワップ$0

今日はスワップ3倍日です。
先週までなら$145ついていたのですが、今は新しくポジったNZDJPYのスワップを入れても$42です。
がっくり・・・
今でも信じられません。$42って、今まで1日のスワップより少ないや。
しかもEURPLN3枚のスワップが、NZDJPY2枚のスワップより小さいなんて、どんだけスワップ下げたんだ!!!!
まったく!

さて、スワップアービが破産狙いに変わったわけですが、簡単に破産と言っても、行動はそう簡単ではありません。

もし片側が破産したら、すぐにもう片側も全決済しなければなりません。そうしないとレートが戻ったりしたら損をすることになってしまいます。逆に一方的な動きで更にレートが進めば大儲けですが、そんなリスクは負えません。
かと言って、私たちは24時間不眠不休で資金を監視することはできません。

そこで、そんなことは全部機械にやってもらいましょう。MT4と言えばEAです。
と言うことで、今、スワップアービ監視用のEAを作成中です。

仕様は、単純で、片側のポジションがなくなったら、もう片側のポジションを全決済するというものです。
しかし、EA作成したことのある方は気づくかもしれませんが、MT4ではEAを稼動させた口座のポジションは認識できるのですが、別の口座のポジションを認識することができません。

そういう制約がありますので、EA同士を連携させるには更なる工夫が必要です。
でもその部分は以前作ったことがありますので時間はかからないでしょう。
ただ、プログラムする時間があまりないので、それが問題です。

とは言っても、早く作らないといつ破産するかわかりませんので安心して眠ることもできません。だからできるだけ急ぎたいと思います。
では。

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。