FXでめざせ!夢のスローライフ。
~レート変動に煩わされることのない、心を穏やかに、時間を自由に使えて、新しいことを始めたりできる ・ ・ ・ そんなトレード生活~
プロフィール

fxslowlife

Author:fxslowlife
はじめまして、fxslowlifeと申します。
自作EA稼動(マーチン、トラップ)、有料EA稼働を経て、自動売買では年利20%が限界と実感。
現在はスワップアービトラージ(業者間両建て)を駆使し、ノーリスクで年利50%以上を実現しています。

FC2カウンター

月別損益

2015年6月------
5月0円(スワップ+222000円)
4月0円(スワップ+222000円)
3月0円(スワップ+165000円)
2月0円(スワップ+59000円)
1月+3060000円
2014年12月+20000円
11月-340000円
10月+30000円
9月+69000円
8月+21000円
7月+122000円
6月+27800円
5月+4200円
4月0円
3月+8400円
2月0円
1月0円
2013年12月0円
11月+202700円ボーナス移動
10月+75000円スワップアービ
9月0円裁量
8月+72000円裁量
7月+500000円裁量
2月-405000円新トラリピEA稼働中
1月+225000円新トラリピEA稼働中
2012年12月+5250pips新トラリピEA稼働中
11月+11650pips新トラリピEA稼働中
10月+12400pips新トラリピEA稼働中
9月+13050pips新トラリピEA稼働中
8月+5000pips新トラリピEA稼働中
7月+3800pips新トラリピEA稼働中
6月+7500pips新トラリピEA稼働中
5月+3050pips新トラリピEA稼働中
4月+119.23ドルスキャル中止、新EA稼動
3月-29.82ドルポートフォリオ稼働中
2月-396.71ドルポートフォリオ稼働開始
1月-22141円トラップEA
2011年12月+39821円トラップEA
11月+48780円トラップEA
10月+54353円トラップEA
9月+9871円トラップEA
8月+167805円トラップEA
7月+77266円トラップEA
6月+77382円トラップEA
3月+54486円マーチンEA+トラップ
2月+80339円マーチンEA+トラップ
1月+63307円マーチンEA+トラップ
*1/13増資
2010年12月+31715円マーチンEA+トラップ
*12/17増資
11月+18526円マーチンEA+トラップ
*ポンド円参戦
10月+5843円マーチンEA
9月+7840円マーチンEA
8月+2489円マーチンEA

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス解析

アクセス解析

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
MT4でのスワップの調べ方
届いた質問に返信しようと、MT4のスワップを調べていたら、たぶん現在のbuild509では画面のつくりが少し変わったみたいですので備忘録的に書いときます。

MarketWatch画面上で右クリック、通貨ペア一覧を選択。
20130921-1.png

知りたい通貨ペアを選択して「閉じる」ボタン・・・あれ、「設定」に変わってる。
20130921-2.png

そして、文字化けしてる~~~~。てことで古いバージョンのころの英語を右側に転記してみました。
20130921-3.png
(※追記 メニューバーの「表示」>「Languages」>「English」に変更した後、再起動すると英語表示になりました。)

スワップの計算方法は以前書いた記事の通りです。
ただ、実際のスワップはこの計算どおりにはいかないようです。というかMT4の数値が頻繁に更新されていないような気がします。Digitsも間違っていることがありますし。
ですのでデモ口座でもいいので実際にポジションを持ってみることをお勧めします。
何も計算しなくても、翌日には結果が出ますので(^^;)

あ、でも一応計算方法をおさらいしておきましょう。
このGBPAUDの場合、Digits=5ですので、最小価格変動単位が0.00001です。
スワップは10万通貨で値です。
GBPUSDは売りのときにスワップがプラスですので、今回は売りで計算してみます。
100000*0.00001*0.92=0.92AUD これがスワップです。
円口座ですと、このときAUDJPY=93.298でしたので、0.92*93.298=85.83416円 となります。
ドル口座ですと、このときAUDUSD=0.93923でしたので、0.92*0.93923=0.8640916ドル となります。

スポンサーサイト
TOP
1/30 +1750pips
1/30決済
Pepperstone GBPUSD 5件 +250pips 月計 +5750pips
Pepperstone GBPAUD 0件 +0pips 月計 +2500pips
含み損益 Pepperstone計 +23万円
TusarFX GBPUSD 10件 +500pips 月計 +9500pips
TusarFX GBPAUD 20件 +1000pips 月計 +3000pips
含み損益 TusarFX計 +1800ドル

長年の疑問だった「MT4でのスワップの計算方法」がわかりましたので記事にします。
今回は、FxProに問い合わせをしました。

MT4でのスワップの調べ方自体は、
MT4のMarket Watchを開き、画面上で右クリックして、通貨ペア一覧を開きます。そして知りたい通貨ペア(今回はUSDTRY)を選択して、閉じるボタンを押すと、USDTRY contract specification画面が開き、その中に以下の内容で記載されています。

Digits: 4
Contract size: 100000
Profit calculation mode: Forex
Swap type: in points
Swap long: -2.17
Swap short: 1.88
Margin calculation mode: Forex
Margin hedge: 50000

ここまでは知っていたのですが、このショートのスワップ1.88は、10万ドルで1.88ドルのスワップということでしょうか?USDTRYだとその10倍はスワップが付きそうですが・・・
という疑問がありましたが、今回、FxProからの回答で、計算方法がはっきりしました。

FxProのUSDTRYを見ると上記のようになっていますが、ポイントは小数点以下桁数でした。
下4桁ならば最小価格変動単位が0.0001、下5桁ならば最小価格変動単位が0.00001となります。
スワップの数値は、すべて1ロット(10万通貨)で取引した場合の数値となっており、計算式は
100000*0.0001*1.88=18.8トルコリラ となり、MT4では口座の取引通貨に換算されます。
円口座なら、18.8*51=958円 ドル口座なら、18.8*1.76=33.088ドル という具合です。
これがもし下5桁表示ブローカーなら、0.00001を使用して計算します。その場合、同じスワップだとしたら、Swap short: 18.8 となっていると思います。つまり、100000*0.00001*18.8=18.8トルコリラ という感じ。同じスワップでも下桁数によってSwap shortの数値が変わるということです。

さて、ここで他の通貨ペアを見てみます。
FxProのAUDJPYを見てみると、Digits:2、Swap long:0.69 となっています。
計算すると、100000*0.01*0.69=690円 もしドル口座なら、690/90=7.66ドルとなります。
また、FxProのNZDUSDを見てみると、Digits:5、Swap long:5.1 となっています。
計算すると、100000*0.00001*5.1=5.1ドル もし円口座なら、5.1*90=459円となります。

なるほどですね~長年の疑問がすっきりしました。

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。